日蓮宗 角田山妙光寺 角田山妙光寺トップページ
妙光寺とは 創建からの歴史 建物と境内のご案内 血縁から結縁へ 四季のうつろい 境内案内図 建築家と造園家
HOME >> 妙光寺とは >> 四季のうつろい

四季のうつろい


白い彼岸花  

日本では秋の彼岸に咲くから彼岸花ひがんばなと呼ばれるが、正式には曼珠沙華まんじゅしゃげという。インドのお経の言葉・梵語でもマンジュシャゲである。お経には「天上界に咲く花で、白くて柔らかく見る者に悪を離れさせる働きがある」とか、「祝い事など慶事が起こる前ぶれに赤い花びらが天からユラユラと降ってくる」とあり、美しくも誠にありがたい花でもある。
 

私たちが墓地等で目にする彼岸花は大半が赤い。白い花はシロバナマンジュシャゲと言い、赤い彼岸花と黄色い鐘馗水仙しょうきずいせんの雑種など、諸説がある。境内に咲くこの2本は、檀信徒の方が植えてくれたものだ。どこに咲くのか、ぜひご自分で見つけて欲しい。
 

彼岸花 先祖の香り ただよいて 吉岡咲子

  道順案内 連絡窓口 リンク