日蓮宗 角田山妙光寺 角田山妙光寺トップページ
妙光寺とは 創建からの歴史 建物と境内のご案内 血縁から結縁へ 四季のうつろい 境内案内図 建築家と造園家
HOME >> 妙光寺とは >> 建物と境内のご案内

建物と境内のご案内

本堂正面

  創建後二度の火災に遭い、宝暦14(1764)年に再建された旧本堂は、230年の風雪と水害で老朽化が進み、平成13(2001)年に一新しました。同じ年数を経てきた客殿は、少し前の昭和56(1981)年に鞘堂の形式で保存したものです。
  回廊に囲まれた板張りで100坪の院庭は、祭礼や芝居などの行事に大勢の人々で賑わいます。普段は参拝の後、木々を渡る風、裏山の鳥のさえずり、落ち葉の舞い、そんな風情を楽しむ人の姿がみられます。
  山門は約200年前の文化年間の建立、三重塔は江戸末期ころに他から移築されたと伝えられ、平成16(2004)年に解体修理。この三重塔に山門と鐘楼を加えた3点が、平成17(2005)年に文化庁の「国登録有形文化財」となりました。

夜の院庭
山門
客殿内部の格子天井
祖師堂(旧本堂の内陣)
客殿大玄関
三重塔

 5000坪に及ぶ境内は、春はカタクリ、イチリンソウをはじめとする山野草、200本あまりの桜やヤブ椿で花にうもれます。また春の鶯、初夏のアオバズク等野鳥も多く、一年を通してムササビの滑空を見ることができます。

池庭の初夏
木の実を食べるムササビ
滑空するムササビ
アオバスクの幼鳥
ヤブ椿
雪割草
キクザキイチゲ
  道順案内 連絡窓口 リンク