日蓮宗 角田山妙光寺 角田山妙光寺トップページ
最近の動き 催事のご案内 行事報告
HOME >>最近の動き >> 行事報告

行事報告

お盆 施餓鬼法要 8月1日(水)

今年は大変暑いお盆でしたが、朝早くからたくさんの家族連れで賑わいました。

墓地に響く安穏廟での読経。

盆提灯が並ぶ参道を通って本堂へ。本堂の施餓鬼、新盆法要にお参りの人々。

受付のお手伝いは世話人の皆さん。

院庭ではかき氷などの売店や、蓮の花飾りづくりのコーナーも。

岩屋七面様祭礼 8月19日(日)

七面大明神をお祀りする祭礼です。本堂と妙光寺裏手「岩屋」での法要です。

万灯のあかり〜妙光寺の送り盆〜 8月25日(土)

前日、日本海の夕日

「蓮の花飾りづくり」や「茶道体験」など、人が途切れません。

安穏廟開設30年 スペシャルトーク&ミニコンサート
『いのちを学び、未来を選ぶ』〜いのちの主人公はあなたです〜

左から、小川院首、斎藤忠雄先生(新潟市斎藤内科クリニック院長)、
内藤いづみ先生(甲府市ふじ内科クリニック院長)、小林啓子さん。

会場の本堂に入り切れず、院庭からも耳を傾ける参加者のみなさん。

「大道芸コーナー」もあり、子どもたちの笑い声が境内に響きます。


厳かな「送り盆法要」

降り出した雨で法要は外の川辺から本堂内に変更。大勢の式衆による読経と、美しく舞う五色の散華で精霊を霊山へと送りました。


雨の中の「送り火」

夕刻からの雨で、灯籠の灯は一部消えましたが、そこに書かれたメッセージが心に残りました。

境内の貴重な鳥たち

以前から境内で、珍しい"三光鳥" という鳥の「月日星」の鳴き声がすると聞いていました。確かに境内から角田山にかけては野鳥の種類が多いと言われています。この夏に樋口健一さんから"三光鳥"と、さらに美しい鳴き声で知られる"蛾眉鳥がびちょう"の写真を提供いただきました。蛾眉鳥は山門前の池近くで容易に見つかったものの、残念ながら三光鳥の声はすれども姿は見えず、新潟市の『じゅんさい池』での撮影だそうです。


蛾眉鳥がびちょう

三光鳥

安穏廟追加造成

安穏廟・杜の安穏ともに満杯でしたが、希望者が続き、杜の安穏の一角に40区画を増設しました。うち25区画が既に契約済です。

浄土基金で

老朽化した講堂近くのトイレを改修し、一部を法要参拝者の更衣室に改造しました。気楽にご利用ください。

  道順案内 連絡窓口 リンク