日蓮宗 角田山妙光寺 角田山妙光寺トップページ
妙光寺とは 創建からの歴史 建物と境内のご案内 血縁から結縁へ 四季のうつろい 境内案内図 建築家と造園家
HOME >> 妙光寺とは

創建以来700年の歴史を持つ日蓮宗の寺院です。海と山に囲まれた自然環境のなかで、歴史を伝えつつ全国の先駆けといわれる永代供養墓を開設するなど、これからの時代を見据えた活動を続けています。

ご覧になりたい項目、または画像をクリックしてご覧ください。

創建からの歴史 創建からの歴史 建物と境内のご案内 建物と境内のご案内

日蓮聖人が文永8(1271)年佐渡配流のおり、一泊されたことから始まります。

開放的な本堂を中心に、「国登録有形文化財」三重塔などの建物と、心安らぐ境内のたたずまい。

血縁から結縁へ 血縁から結縁へ 四季のうつろい 四季のうつろい

混迷する現代、個人の自立と社会の支えあいの核となる寺をめざします。

花に彩られる春、
緑と涼風の夏、
落ち葉舞う秋、
静まり返る雪の冬。

境内案内図 境内案内図 建築家と造園家 建築家と造園家

5千坪の境内を、画家斉藤順正氏の絵図で。


近年の建築は茶谷正洋先生、「安穏廟」と境内の造園は野沢清先生の作品です。

  道順案内 連絡窓口 リンク